会社概要

社長あいさつ

いつも、ふるいちをご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。

本家は約100年前、製粉屋として『うどん』の乾麺を製造しておりました。創業者はそこの次男として生まれ、日本で初めて『ぶっかけうどん』を開発しました。歴史と文化の薫るまち倉敷にて、年間200万人のお客様に足をお運びいただき、今では、ぶっかけうどんは『倉敷名物』と言われるまでに育てていただいております。

現在でも私共は、より「安心で安全な」おいしいうどんを全国のみなさまにご提供できるよう、フードサービス業にたずさわるものとしての大前提である「安心で安全な」素材を日本全国、時には海外へも足を運び、素材を目で見て触れて、厳しく吟味しながら探し続けています。

今後も、おいしい食べ物の基本である「水」、ぶっかけうどんに最高に合う「塩」、味の基本となり、厳選した素材で作られた「だし」、そしてぶっかけうどんならではのソフトな口ざわりと、シコシコした歯ごたえ、それに、滑らかなのど越しを作り出せる「小麦粉」には特にこだわり、おいしさと安心・安全への挑戦を絶え間なく続けて参ります。

倉敷名物元祖ぶっかけうどんをはじめとする商品は、きっとあなた様のお世話になった方々にも喜んでいただけるものと思います。

概要・沿革
商号 株式会社 ふるいち
住所 〒710-0055 岡山県倉敷市阿知2-1-8
TEL 086-425-3200
FAX 086-426-7022
創業 1948年4月
設立 1956年6月 有限会社 古市商店 設立
1990年3月 株式会社 ふるいちに改組
資本金 10,000,000円
決算期 2月
代表者 代表取締役 古市 了一
売上高 11億円(2011年2月)
従業員 270名(パート従業員を含む)
取引銀行 香川銀行 倉敷支店
中国銀行 倉敷駅前支店
事業内容 「ぶっかけ亭本舗ふるいち」の店舗展開
「ぶっかけうどん」の通信販売
麺類・和菓子の製造販売、食品製造・卸販売
事業所 ぶっかけ亭/倉敷本店、仲店、堀南店、チボリ通り店、水島店、イオンモール倉敷店、イオンモール高知店、総社店、中島店、松島店、岡山健幸プラザ店、つけ麺まるぶ、イオンモール岡山店

めん工房ふるいち(本社工場)、富井工場(冷凍工場)
ページの先頭へ ▲